カメラによる脅威

監視体制を示すための設置

一軒家

これまで、監視カメラといえば、金融機関をはじめとした防犯性を重視する、お金を扱う場所に設置されているものでした。街角では銀行キャッシュコーナーといった現金を扱う場所が主なもので、あちこちにあるという種類のものではありませんでした。それが、コンビニエンスストアで設置されるようになってから、一気に全国に広がりを見せるようになってきました。犯罪が起こった際には、たいていの場合、近くの監視カメラの映像がマスコミで流され、なんらかの情報を得ることができるようになっているのです。また、最近では映像の画質が飛躍的に良くなってきており、これまで詳細までわからなかった部分まで、しっかり確認できるようになってきているのです。

監視カメラの役割とは

これほどにまでに、あちこちに監視カメラが設置されるようになってくると、何か犯罪を犯そうとしたときには、必ず気にしなければいけないことが浸透してきます。一か所の監視カメラを避けたとしても、違う場所の映像を重ね合わせることで、どういった移動をしていたかさえも解析できることがわかれば、犯罪を犯そうという考えを思いとどまらす効果があると考えらえます。今後も、設置台数が減少していくことは考えにくく、ますます増えてくることを考えれば、大きな犯罪抑止力としての働きを期待できるようになります。人とは違い、疲れを知らず、四六時中監視を続けることができることから、その用途はますます増えていくことが予想されています。

Copyright ©2015 監視カメラや玄関ドア交換で防犯対策|防犯カメラと同様に All Rights Reserved.